米国公認会計士

ビル

日本での米国公認会計士試験

日本で米国公認会計士試験を受験しようとした場合、2月5月8月11月に試験が実施されるので、その時期に合わせて受験票を手に入れなければなりません。
初めて米国公認会計士試験を受ける場合、受験票が手元に届くまでに、大体3週間から4週間かかりますので、学歴評価制度を依頼してから約半年後に受験する事になります。
また、各科目、各期1回で年に4回までに受験をすることが可能なのです。
科目の一つでも合格レベルの75点を超えていれば合格になり、また、それぞれの科目には18ヶ月という有効期限があり、その有効期限内に他の科目を全部合格すれば、米国公認会計士試験に合格したことになるのです。
しかし、18ヶ月過ぎてしまえば、その合格していた科目は不合格となってしまいます。

ほくろ除去クリーム
↑長年の悩みをこれで解決する事が出来ました☆

婚活パーティー 東京
本気で結婚したい・恋人を作りたい・友達が欲しい☆

屏風
軽くて強い!さらにお値段も手ごろな価格☆

関連情報一覧

米国公認会計士と営業許可

米国公認会計士試験に合格下だけでは、米国公認会計士を名乗ることは出来ません。
米国公認会計士試

米国公認会計士のライセンスと登録証

米国公認会計士はアメリカの州によって公認される資格なのです。
従って、例えばアメリカのある州で

米国公認会計士の所属

日本で公認会計士をしている人の多くは、会計事務所や監査事務所に所属し、監査業務をメインの業務としてい

米国公認会計士と試験内容

米国公認会計士は州によって受験資格が異なっています。
しかし、試験問題や採点、合格の基準はアメ